メモリー日記

メモリー日記

つねさんの回顧録−2

国鉄の駅に着いた。 母ちゃんのお使いが終わって、 これから、 つね兄と汽車で家に帰るのだ。 駅...
メモリー日記

つねさんの回顧録−1 

「つねが使うんや。 ええもんつくってやらなあかん」 建築を営んでいた彼の父はそう言って、 つねに、丈...
メモリー日記

苦情の時に使う英語

誰でもクリティカルなこと(苦情)は言いたくない。 勇気を出して伝えたとしても、 あまり単刀直入にいうと、 ...
メモリー日記

生きててありがとう….

「い、い、い、一体どうしたの?」 「ど、ど、ど、ど、どこにいるの?」 「け、け、けがしたの?」 言葉...
メモリー日記

実写版トム&ジェリー

ドラマの中の ある場面、 必死に逃げる主人公、 拳銃を持って、追う悪役、 そして悪役を助ける親...
メモリー日記

白い悪魔のエスコートで地獄行き

逃げても、逃げても 追ってくる白い悪魔 ついに、俺は 鋭い爪で捕まれ、 大きな赤い口の中に ...
メモリー日記

つわもの金魚の一生

ここは夜市の金魚すくいの水槽の中。 つわもの金魚2匹はすくわれても、すくわれても、 紙でできたあみを破り ...
メモリー日記

忘れられないひと(女)になる方法(未完成効果)

70年代の小学館、学年誌で女子に人気のバレエ漫画があった。 作者は谷ゆき子。 彼女の執筆した「星」シリーズ...
メモリー日記

墓場まで持っていく「秘密」

「あそこにホテルがあるよ。」 車を運転しながら、男が言う。 女は黙っている。 「どうする?通り過ぎち...
メモリー日記

田舎のねずみと娘たち

むかしばなしに 「都会のねずみと田舎のねずみ」というのがあった。 都会のねずみは 食事は豪華だが、 ...
タイトルとURLをコピーしました