応援してね
げばおばちゃまの時間 - にほんブログ村
応援してね ライフスタイル部門
応援してね 海外生活部門
応援してね イギリス情報部門
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

ビビンバが食べたい!

応援してね ライフスタイル部門
応援してね 海外生活部門
応援してね イギリス情報部門
テキトー食
読者になる
げばおばちゃまの時間 - にほんブログ村

韓流ドラマが好きな人は

韓国の食べ物に興味を持つ。

でも韓国レストランなど

近くにない。

仕方ない。

作るしかないかあ

りんごちゃんの提案

りんごちゃんから

テキストメッセージが来た。

はは〜ん

また「ご飯作って」メッセージだろう。

りんごちゃん:「あのね、もうすぐみかんちゃんの誕生日でしょう?

お祝いに、3人でビデオコールしましょ?」

げば:「いいよ。ロンドンから帰ってくるの?」

りんごちゃん:「うん。お昼前に行くわ。」

げば:「ランチいっしょに食べる?」

りんごちゃん:「うん!❤️」

ということで

りんごちゃんは

みかんちゃんの誕生日に

Facetimeで

母娘バースデートークをすることになった。

ついでに

母の手作り料理もご相伴に預かる。

最近、韓流ドラマにハマって、

ちょうど

ビビンバが食べたいと思っていたところだ。

作り方を知らないから

柿おばさまに電話した。

「ビビンバって簡単なのよ。」

彼女は大まかな作り方を教えてくれた。

「コチュジャンさえあれば作れるわ。

この間、あなたに買ってきたでしょ。

あれで作れるわよ。」

柿おばさまは軽やかにいった。

お誕生日の贈り物

みかんちゃんは

げばの次女でオーストラリアにいる。

だから

彼女の部屋は誰も使ってない。

だから

洗濯物置き場になっている。

みかんちゃんのお誕生日の日、

げばが

洗濯物を取りに

彼女の部屋に入ると

何やら白いものが

床に落ちていた。

なんだろうと二度見したら、

なんとそれは

大きな白い

ネズミ!!!の死体!

猫のアルフィーからの

バースデープレゼントである。

彼としては

奮発したつもりだったのか

いつもより大きな獲物だった。

みかんちゃんに報告すると、

「Hahahahaha❤️ ありがとう!

アルフィーいいいい❤️

なんていい子なの❤️」

とメッセージが届いた。

ビビンバを作ろうじゃないの

さて、

バースデートークも終わり、

いよいよランチタイム!

りんごちゃん夫婦に

手伝わせて

げばは

ビビンバを作り始めた。

ビビンバの材料

野菜ナムル

韓国風肉そぼろ

半熟卵

ご飯

キムチ

コチュジャン

コチュジャンは

以前、柿おばさまが

チャイニーズスーパーで

買ってきたものがある。

キムチは

柿おばさまの手作りをいただいた。

ので

私のビビンバは

柿おばさまが

大きく貢献している。

さてそれでは

作り方を解説する。

野菜ナムルの作り方

ほうれん草1/2袋

もやし 1/2袋

にんじん 3〜4本

これらを別々の鍋で2〜3分ゆでる。

(ゆですぎないこと)

ゆであがった野菜にタレをかけて

味を染み込ませる。

ナムルのタレ:

ごま油:大さじ3

ごま :適量

しょうゆ:大さじ2

塩: 小さじ1

このタレは

1/3をもやしに

1/3をほうれん草に

1/3をにんじんに

くわえてあえる。

韓国風肉そぼろの作り方

牛肉ミンチ 250g

さとう 大さじ1

酒 大さじ1

コチュジャン 大さじ1/2

みりん 大さじ1/2

しょうゆ 大さじ1/2

ニンニク (チューブ)小さじ1/2

しょうが(チューブ)小さじ1/2

これらをフライパンで炒めるだけ

さて

ご飯が炊けたら、

どんぶりに(正式な器は石器)

ごはんを盛り、

ご飯の上に

野菜ナムル、肉そぼろを綺麗に盛り付ける。

真ん中にとろとろの半熟卵を乗せ、

コチュジャンを 一人分に小さじ1/2~1(お好みで)

乗せる。

食べる直前で全てを

かき混ぜて食べる。

 

りんごちゃんは

ビビンバを食べるのは

初めてではない。

ドイツにいたとき

(りんごちゃんの以前の勤め先はドイツ)

友人とコリアンレストランで食べたらしい。

でも

りんごちゃん夫はビビンバ初体験!

とてもおいしかったらしく

材料に使うタレのメモをポケットに入れていた。

げばにとっても

コリアン料理を作るのは初体験。

その割には

うまくできたと思う。

「おいしかったわあ!

また作ってね!」

りんごちゃんはそういって

笑顔でロンドンに帰っていった。

*写真はイメージです。げばは写真が撮れません。….でもこの写真は結構、真実を語っております。こんな感じでございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました