応援してね
げばおばちゃまの時間 - にほんブログ村
応援してね イギリス情報部門
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

NHS病院の食事事情

応援してね イギリス情報部門
NHS
読者になる
げばおばちゃまの時間 - にほんブログ村

弱っている時って食欲がない。

特に年寄りになると、本当に食が細くなり、だんだん食べなくなる。

それが続くと

「自然死」になる。

バラエティに富んだ食事レベル

私たちの目的は、患者が良くなって病院を退院することである。

そのために、必要な栄養をしっかりとってもらわねばならない。

しかし患者によっては普通の食事がたべられないものもいる。

寝たきりや、歯がない状態、消化器官に問題のある患者、などさまざまである。

イギリスの病院では食事は5段階に分かれてる。

ステージ7が、普通の食事

ステージ6が、やわらかめで、一口サイズにカットされたもの。

ステージ5が、細かく刻んであるもの、柔らかく煮込んでソースがかかって食べやすいもの。日本式に言うと、普通のお粥がこのレベルである。

ステージ4が、ピューレのようにドロドロしたもの。日本式に言うと米粒のない重湯のようなもの。

ステージ3が、液体状になっている。(feeding tubeー胃ろうを施した患者のため)

ローカルの病院に入院している患者は

ほぼステージ7の普通の食事でいいのだが、寝たきりの患者となるとそうはいかない。

ステージ6の食事を誰かが食べさせてあげなければならない。

バラエティーに富んだメニュー

さて、患者さんが午後のお茶を楽しんでいると、

3枚の紙をスタッフから渡される。

これは次の日のメニューが印刷されており、

患者さんは自分が食べたいものを選んで

印をして提出するのだ。

白い紙はブレックファーストのメニュー、

黄色の紙はランチ、

青い紙はサパー(夕飯)である。

ブレックファーストのメニューは

1フルーツジュース(オレンジ、アップル、クランベリー)

2シリアル(ポッリッジ、コーンフレーク、ウィートビックスなどの6種類のシリアル)

3パン(ロールか食パン、ホワイトかブラウン、バター、マーマレード、ジャム)

ランチ、サパーのメニューは

1メインコース 日替わり(肉料理か魚料理、もしくはベジタリアン料理)

2ポテト 日替わり(フライドポテト、マッシュポテト、ソテーポテト、コロッケ)

3付け合わせ 日替わり(ブロッコリー、キャロット、カリフラワー、ピーズ など)

4デザート 日替わり(ケーキ、アップルアンドクランブル、チーズケーキ、エクレアなど)

*サンドイッチ、サラダ、アイスクリーム、ヨーグルト、果物はいつもリクエスト可能

病院の食事は味気ない印象があるが、それは特別食の場合である。

食事一つで、患者さんの健康状態が変わってしまうので、

病院側は食べてもらえるように、

栄養面、味付けには気を使っている。

そして結構、患者さんは美味しそうに食べている。

げばは自身の小学校の給食を思い出していた。

給食には献立がすでに決まっており、

好きでも嫌いでも、児童は残さず食べないといけない。

あの頃の献立は、確か

パン、牛乳、メインのおかず(魚のフライとか)、プリン、キャベツの千切り

とかではなかったか?

げばは牛乳が嫌いだったのに、「残してはいけない」規則に縛られ、

無理やり牛乳を一気飲みし、その後、お茶で口を清めた。のを覚えている。

魔の日本給食に比べて、食事のチョイスができるなんて、素敵だなと思った。

NHSでクリスマス

スタッフが患者さんの食事を味見することはないが、

この間のクリスマスに、

NHSはスタッフにもクリスマスディナーを

お裾分けしてくれた。

そのクリスマスメニューは

ローストターキー

クランベリーソース

芽キャベツ

ヨークシャープディング

ローストポテト

ローストパースニップ (parsnip)

カクテルソーセージベーコン巻き(pig in a blanket)

クリスマスプディング

ミンスパイ ….

とびきり美味というものではないが、

一人暮らしで、

ローストディナーを日頃作らないげばにとっては、

嬉しいディナーだった。

クリスマスに仕事をしているスタッフへの心遣いである。

また、せっかくのクリスマスを病院で迎えなければならない患者さんに

NHSはささやかなプレゼントを用意した。

シェイビングクリームとかデオドラント、シャワージェルとかのトイレット用品である。

綺麗にラッピングされて、一人一人に配っていくと、

その度に患者さんから笑顔がこぼれた。

その日はクリスマスソングを病棟中にかけて、

陽気に歌を歌って過ごした。

仕事の忙しさは相変わらずだったけど、スタッフも楽しんだと思う。

こうしてみんなでバタバタ忙しくしていたら、

いつの間にか新年を迎えていた。

さあ、2022年も頑張りますわ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました