応援してね
げばおばちゃまの時間 - にほんブログ村
応援してね イギリス情報部門
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

浮気現場をおさえた後日談 いちご物語2

応援してね イギリス情報部門
いちご物語
読者になる
げばおばちゃまの時間 - にほんブログ村

リアルな浮気現場見つけたよ電話

のあと、

げばは

傷ついたいちごちゃんに寄り添った。

いちごちゃんはこの浮気騒ぎの心情を

戦国の武将に例えて話してくれた。

戦国武将、いちごちゃん

戦国時代の武将たちは皆近隣の諸国と同盟を結ぶ。(男と女は結婚する)

安心して目の前の敵と戦うためである。(女が家庭を守っているから男は安心して外で働ける)

順調に勝ち進んでいたのに

背後に敵が現れ、

いきなり襲われる。

背後の敵は、

なんと!

同盟国だった。

同盟国の裏切りは全く寝耳に水。

一番信頼していた同盟国

それが

一瞬で敵になる。

今まさに目の前の敵と戦っているのに、

背後から

味方の矢が飛んでくるのだ。

怖かった!

本当に怖かった!

といちごちゃんはいう。

恐ろしい目の前の敵

いちごちゃんのいう目の前の敵とは、

経済苦である。

「別居」が始まった頃

夫婦の銀行口座に

夫がお金を入れなくなった。

夫は友人と会社経営していて、

その経営がうまくいかず、

いちごちゃん夫婦の家は会社の担保になり、

つまり、

家のローンはほとんどが会社のローンだった。

夫がお金を入れないとなると

支払う責任者はいちごちゃんになる。

彼女は

自分と子供の生活、夫の会社のローンを払う羽目になる。

いちごちゃんの闘い

彼女は子供が小さい時、専業主婦だった。

仕事をしたかったけど、

夫の助けを借りなければ子育てと仕事を両立するなんてできない。

妻には専業主婦で家を守ってもらいたいと夫に強く希望され、

長いこと仕事に出れなかった。

だが

夫の会社が傾き始めた時、

やっと夫から仕事に出ることを認められ、

働き始めたばかりだったのだ。

夫がお金を入れなくなって、

彼女は正規の仕事の上に、日曜日にアルバイトを始めた。

そのアルバイトは朝7時から夜11時まで

安い時間給の仕事しかなかったため、

労働時間が長かった。

魔が笑っていた

働いて、

切り詰めて、

いつも疲れているお母さん。

子供たちは思春期で

大学入学前の不安定な時期であり、

親の助けが必要な時に、

親も助けが必要だった。

仕事から帰ってきて

タバコを吸い、お酒を飲むようになった。

ある晩、

いちごちゃんは庭に出てタバコを吸っていた。

気配がしてふと横を見ると

大きなウシガエルがすぐそばのガーデンテーブルの上に座っていた。

いちごちゃんはカエルがこの世で一番嫌い。

この世のものとは思えない叫びが……..

……でもいちごちゃんは必死になって口をおさえた。

子供に心配かけてはいけない。

とっさにそう思ったからだ。

家の中に入って、一人で泣いた。

その時、いちごちゃんはこう思った。

「魔が笑っている。」

この世は善と悪の闘い。

魔は人間が苦しむのが大好きなのである。

今、私を見て、

魔は愉快そうに大笑いしている。

ケタケタと

ほら

みろよ

男に裏切られた

哀れな女だよ

運命に振り回される

アホなやつ

愉快じゃないか

わっはははははははははは……..!

その時に思ったのよ。

といちごちゃん

「魔よ!」

「おんどりゃ!」

「調子に乗るのもええ加減にしいや!」

「大阪の女なめんなよ!」

「どついたるで!」

彼女の持つ

ヤンキーの負けじ魂に

火がついたのである……….

コメント

タイトルとURLをコピーしました