応援してね
げばおばちゃまの時間 - にほんブログ村
応援してね イギリス情報部門
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

浮気のバレ方 いちご物語ー番外編1

応援してね イギリス情報部門
いちご物語
読者になる
げばおばちゃまの時間 - にほんブログ村

悩みが起こると

夫はひとりで乗り越えようとする。

でもそれが限度を超えると、

酒、女、ドラッグに逃げようとする。

女はこうして乗り越える

男が1人で悩むのに対して、

女はお友達に相談する。

一つの出来事を

1人で抱えていたら

妄想が妄想を生み、

ネガティブの連鎖におちいるが、

人に話すことによって、

外からその連鎖を断ち切り、

妄想を笑い飛ばすことができるのだ。

浮気発見

いちごちゃんが

まだ結婚していた時の話である。

げばに相談を持ちかけてきた。

いちご:「どうやら、ジョージが浮気してるみたいなの。」

げば: 「どうやって彼が浮気してるってわかったのよ?」

いちご:「あの人ってバカなのよねえ。

     洗濯しようとして

     彼のズボンのポケットを改めたら、

     毎回デートのレシートが

     いっぱい出てくるのよ。

     この間ね、

     隣町のxxホテルのレシートが出てきたの。」

げば: 「うっそー!」

いちご:「だからさ、

     これは何って

     問い詰めたの」

げば: 「うん、うん。」

夫の言い訳

いちご:「彼慌てちゃってさ、

     これは得意先の人が泊まった時のやつだっていうの。」

げば: 「うんうん」

いちご:「男の人かって聞くと

    「そうだ」っていうのよ」

げば: 「うんうん」

いちご:「遅くなって帰れなくなったんで泊まったんだって」

げば: 「うんうん」

いちご:「あなたも泊まったの?

     って聞いたら

    「泊まった」っていうのよ」

げば: 「うんうん」

いちご:「あのさ、このホテル隣町だから

     あなたは余裕で帰れたよね?

     って聞いたら

     話が弾んで楽しかったんで、

     同じホテルに泊まったんだっていうのよ。」

げば: 「はははは」

いちご:「Invoice(領収書)には

     部屋は一つってあるけど、

     どうして同じ部屋に泊まったのよって聞いたら、

     その日はあいにくツインひとつしか

     空いてなかったんだって」

げば: 「ふーん」

いちご:「だから言ってやったわよ!

     その部屋は

    「Superior double room」ってあるわよ!

     そんな超スイートルームでおっさん二人。

     さぞ楽しかったでしょうね!」

げば: 「それでジョージはなんといったの?」

いちご:「ああ言えばこう言う!

     君はなんてOutrage(ひどいやつ)なんだ!」

げば: 「ふん!」

     

女のいくさに出発

その後、

いちごちゃんは愛人の住所を偶然発見し、

行ってみると夫がいたのだ。

しかし愛人の姿はなかった。

数日後、

いちごちゃんは

愛人と話をするために

もう一度そこにいくことにした。

でもひとりでは心細い。

そこで

げばに助っ人を頼んだ。

「わかったわ。戦闘開始ね。」

2人は手を取り合い

うなずきあった。

しかし

アパートの近くまできて

「ちょっと怖いよお。

ドキドキする。

タバコ吸いたい」とげばが言い出す。

ふたりはその時、

ノンスモーカーだったが、

タバコを買いに

近くのコンビニに走った。

ヘタレの2人

落ち着いたげばが、

いちごちゃんに語りかける。

げば: 「それで、愛人に何を言うつもりなの?」

いちご:「…. こんにちは…..かな?」

げば: 「….そうね、まずはあいさつよね。」

いちご:「夫がお世話になっております。」

げば: 「ことばは丁寧だけど、

     元ヤンキーのあんたがいったら、

     別の怖さがあるね。」

いちご:「あの頃はアホやってたよね。」

げば: 「あんた、

     そのアホを

     また

     今からやらかすのよ。」

いちご:「そうかあ….」

げば: 「…..うん….」

いちご:「げば」

げば: 「……うん?」

いちご:「……帰ろうか?」

そういって

2人は

結局

何もせずに

おうちに

帰ってしまった。

妻が愛人を派手に引っ叩くのは

ドラマの話。

実際はこんなもんである。

タバコは体に悪いが

たまにいい仕事をするではないか。

げばは思った

コメント

タイトルとURLをコピーしました