応援してね
げばおばちゃまの時間 - にほんブログ村
応援してね イギリス情報部門
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

コロナワクチン3回目の接種ー1

応援してね イギリス情報部門
イギリス
読者になる
げばおばちゃまの時間 - にほんブログ村

初めてコロナにかかった時、げばは1ヶ月苦しんだ。

その抗体が無くなる頃(約6ヶ月後)

ワクチン接種ファイザーを初めて受けた。

そして接種をした後、3日間寝込んだ。

その半年後、第二回目のワクチン接種を受けた。

やっぱり2日間寝込んだ。

再びやってきたコロナ!

「もう接種は嫌!」

病院の休憩室はみんなの「’ワクチン接種’」体験談で賑わっていた。

2021年の10月、

イギリスでは

最初の接種者たちの抗体が切れる頃で、

NHSは病院スタッフたちに追加接種を勧めていた。

「もうコロナなんて下火だよう。」

「そうよ、そうよ。コロナの患者も、もういないし!」

「注射で、あんなしんどい思いするのはもう嫌!」

病院はその時、平和で忙しいただの日常に戻っていた。

その時、

衝撃的なニュースが飛び込んできた。

「A-4(ベッドナンバー)の患者がコロナのpositive者だと判明した。

直ちに彼を隔離するように!」

病棟は突然いろめきだった。

「ひえ〜!」

「なんてこと!」

全てのスタッフにフェイスシールドが配られ、

マスク、手袋、エプロン、あらゆる装備をするよう

指令が下った。

消防署で火災発見通報が来たような、まさしく緊急事態の様相である。

いったいどこからコロナが忍び込んできたのか?

おそらく患者の見舞いに来た外来者からだろう。

病院は直ちにげばの病棟を隔離状態にして、

外来者の訪問を禁止した。

スタッフたちは毎日、

PCR Swabbing テスト(ポリメラーゼ連鎖反応)をして

自分がコロナでないことを確認して仕事した。

しかし驚くべきことに、

A-4ベッドの患者と同じ部屋だった患者たちも

次々と、コロナ患者になってしまった。

病棟の中には隔離できる個室が4つしかないため、

その4つはすぐにいっぱいになってしまった。

仕方なく、一つの大部屋にコロナ患者を集中移動させたのだが、

旧式の病棟なので、大部屋を完璧に閉め切ることができなかったのだ。

3回目の接種は必然

最初のコロナ患者が現れて、

約2週間で病棟は

「コロナ患者の病棟」になった。

2回の摂取を受けた患者がいとも簡単に

コロナにかかっていくのを見て、

スタッフたちは顔色を変えた。

もう、しんどいのなんのと言っていられない。

ここにきて、げばも追加摂取を受ける決意をした。

コロナ受難、4回目である。

摂取の次の日は必ず寝込むから、

休みの続く日を選んで、摂取日を決めた。

寝込んだ後の食料やらを

用意周到に準備した。

戦に行く前の侍の心境である。

最初、コロナにかかった時は、

先が読めず、不安だったが、

げばはもうコロナ歴が長い。

ワクチンを注射されると

体がどう反応するか想像がつく。

白血球さん、マクロファージさんたちは

これから行われる戦いに備えて、

兜の緒を締めておられるのだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました